手紙の書き方

神戸からの手紙 ~ 暑中見舞い ~

おはようございます。

神戸トータルマナー教育センター講師の堀内です。

 

今日からいよいよ8月ですね🍉

昨日、神戸では長かった梅雨がようやく明け、今朝は太陽がまぶしく照っています。

年々、気温が高くなっていますが、今年も暑い夏との予報です。

この暑さの中、マスクをつけての外出となるとクラクラしそうですが、

どうぞ水分補給をこまめにして熱中症にお気をつけてお過ごしくださいね🧃🍨

 

さて、この時期に出す夏のご挨拶状があります。

そう、「暑中見舞い」です🎐

そこで、今回は「暑中見舞い」の書き方についてお伝えしますね。

 

「暑中見舞い」を送る意味

文字どおり夏の暑い盛りに、相手の体調などを気遣って送ります。

猛暑だったり、大雨が続いたりして、しばらく会っていない方に向けて

「どうしているかな」と思いやる気持ちをペンに乗せればオッケーです。

 

暑中見舞いを出す時期

7月7日頃(小暑)~8月7日頃(立秋)です。

ただ、梅雨明け後の方が夏らしさを感じるので、

私は7月下旬以降に出しています。

立秋を過ぎると「残暑見舞い」に変わりますので気を付けましょう。

 

挨拶の様々な表現

・一般的  「暑中お見舞い申し上げます」

・目上の方、上司、恩師など 「暑中お伺い申し上げます。」

・どのような方にも 「夏のご挨拶申し上げます」

 

文章構成

①季節の挨拶

②相手の安否を気遣う言葉

③日ごろのお礼

④自分の近況

⑤相手の健康を祈る言葉

⑥日付 「年月日+盛夏」

 

季節の言葉、相手の安否や健康を気遣う言葉、日付は必須ですが、

それ以外は相手との関係性やお付き合いの度合いによって必要に応じて入れましょう。

 

最近、「暑中見舞い」を送る方も少なくなっていますが、

だからこそ手書きのハガキは、より相手の心に響くでしょう。

ぜひ、この時期のオリジナルの一枚を!📝

 

マナー講師・お手紙コンシェルジュ

神戸を中心に ビジネスマナー 冠婚葬祭マナー マナー研修 などを行っています。

| ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・プロトコールマナー・女性のためのマナー教室 |

「手紙コンシェルジュ」としても活動しています。

メールやSNSが当たり前になった現代

心を伝える手書きの手紙でメッセージを送ってみませんか?

手紙コンシェルジュがお伝えする、心が伝わる手紙の書き方講座・美文字講座・一筆箋の書き方講座や手紙の代筆や書き方のご提案なども行っています。

ご希望の方はお気軽にご相談ください。

神戸を中心にビジネスマナー 冠婚葬祭マナー マナー研修 などを行う

マナー研修・就活支援・働く女性を応援

ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・プロトコールマナー・就職活動支援・働く女性のマナー・子育てマナー

〒651-0086 兵庫県 神戸市中央区 磯上通8丁目1-29 カサベラビルC&M403

Tel: 078-600-2314Mail: mail@kobe-total-manner.jp

【受付時間】9:00~17:00(土日祝休み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・ 女性のためのマナー・コミュニケーションマナー等、 マナー研修をお考えの方は まずはお電話でご相談ください

神戸を中心に 兵庫・大阪など関西圏にて トータルマナーでサポート

神戸トータルマナー教育センターのロゴ

〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目1-29カサベラビルC&M403

神戸トータルマナー教育センターの電話番号

受付時間 9:00~17:00 / 定休日:土曜・日曜・祝日

講師:堀内(直通)