ワンポイントマナー

冠婚葬祭のマナー ~結婚披露宴②~

おはようございます。

神戸トータルマナー教育センター講師の堀内です。

 

今年は全国的に気温が高く、なかなか秋が深まらないですね。

それでも神戸では、ここ数日朝夕は秋風がひんやりしてきました。

ただ、出掛ける時、朝の気温に合わせた装いにすると日中は暑いし、

日中の気温に合わせると夜は少し寒いし…。

この時期の服装は、何を着たらいいのか迷いますね。

服装は、気候に合わせるのはもちろんのこと、TPOを考えて選ぶのが基本です。

でも、日常での服装でさえ悩むのに、冠婚葬祭の場面となると余計難しいですよね。

そこで、結婚式に招かれた時の装いはどんなことに気を付けるといいのかお伝えしますね。

 

招待客の服装 ワンポイントマナー!🤵👰

招待客の装いで大切なことは、あくまでも主役は新郎新婦であり、招待客が主役より目立つのはNG。

披露宴では列席者からも好感を持たれるような装いを心がけましょう。

 

◆女性の場合

①ワンピースやスーツが基本。

②挙式に参列する場合は、肌の露出の少ないものにすること。

③白やオフホワイトは花嫁の色なのでNG。また、黒づくめも不幸を連想させるので不適切。

 もし黒を着る場合は、できるだけ服の素材やアクセサリーを華やかにし、ゴージャス感を出すこと。

④アクセサリー類は、昼はパールなど光沢の少ないもの、夜は、光沢のあるものがよい。

⑤爬虫類のカバン、靴はNG。

 

◆男性の場合

①ブラックスーツに白や銀色のネクタイが基本だが、最近では、ダークスーツも多い。

ただし、ダークスーツの場合は、ポケットチーフをネクタイと同系色にするなど、

よりフォーマル感を出すようにする。

②ボタンダウンのシャツは、略式なのでNG。白のレギュラーシャツが無難。

③靴は、紐がついた黒の革靴が正式。

 

以上、基本的なことを挙げてみましたが、これから披露宴に出席される方は、再確認してみてくださいね。

 

何よりも、結婚式や披露宴は新郎新婦にとって人生最大のお祝いイベントです。

招待客は、二人の門出を祝う気持ちを、フォーマルな装いで表現できるようにしましょう。

そして、装いと共にあなたの輝く笑顔を忘れずに!😀✨

 

 

 

 

 

マナー講師・お手紙コンシェルジュ

神戸を中心に ビジネスマナー 冠婚葬祭マナー マナー研修 などを行っています。

| ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・プロトコールマナー・女性のためのマナー教室 |

「手紙コンシェルジュ」としても活動しています。

メールやSNSが当たり前になった現代

心を伝える手書きの手紙でメッセージを送ってみませんか?

手紙コンシェルジュがお伝えする、心が伝わる手紙の書き方講座・美文字講座・一筆箋の書き方講座や手紙の代筆や書き方のご提案なども行っています。

ご希望の方はお気軽にご相談ください。

神戸を中心にビジネスマナー 冠婚葬祭マナー マナー研修 などを行う

マナー研修・就活支援・働く女性を応援

ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・プロトコールマナー・就職活動支援・働く女性のマナー・子育てマナー

〒651-0086 兵庫県 神戸市中央区 磯上通8丁目1-29 カサベラビルC&M403

Tel: 078-600-2314Mail: mail@kobe-total-manner.jp

【受付時間】9:00~17:00(土日祝休み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・ 女性のためのマナー・コミュニケーションマナー等、 マナー研修をお考えの方は まずはお電話でご相談ください

神戸を中心に 兵庫・大阪など関西圏にて トータルマナーでサポート

神戸トータルマナー教育センターのロゴ

〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目1-29カサベラビルC&M403

神戸トータルマナー教育センターの電話番号

受付時間 9:00~17:00 / 定休日:土曜・日曜・祝日

講師:堀内(直通)